★平成ニッポンいいひと列伝#2浅野忠信さん

弊社スタッフが取材や番組収録で出会った【いいひと】達の【いいひと】的エピソードをつづる【いいひと】列伝。第2回は浅野忠信さんです。映画「マイティソー」に始まり「バトルシップ」「47RONIN」とハリウッドで快進撃を続ける浅野さん。今回のお話はそのハリウッド進出前夜・・・映画「モンゴル」で第80回アカデミー外国語映画賞にノミネートされた時のこと。

ロサンゼルスで行われる授賞式に出席することになった浅野さん。日本からも取材陣が殺到しました。授賞式前日にLAの日本料理店の中庭で行われた各社10分ほどのインタビュー取材。青山真治監督「Helpless」の頃からファンだった私も直接浅野さんとお話しし結構盛り上がったのですが、いかんせん与えられた時間は10分。はいそれでは次の方・・・ということでベルトコンベア式に取材終了。もっと話したいこといっぱいあったし。明日の授賞式頑張ってって言いたかったし。こういう取材っていつも言いたいこと聞きたいことの半分も果たせない不完全燃焼。一生懸命インタビューしてもone of them。どうせすぐ忘れ去られるのが取材者の哀しい人生・・・。

そして迎えた授賞式本番。当日の私はレッドカーペットの柵の後ろ担当。ハリウッドセレブのインタビューテープを走って中継本部に届ける役目。セキュリティ上柵の中までは入れないのですが、日本人俳優としてレッドカーペットを歩く浅野さんをひと目見たくて、登りましたよ柵の上に。すると奇跡が起こりました。やってきた浅野さんが見つけてくれたんです私を!! 昨日10分しかお話ししてないのに「よぅ!」みたいな顔で笑いかけてくれて、こっちもテンションupで叫びます「アサノ~!!ガンバレ~!!」。まあ周りが外人ばかりの中で懸命に柵にしがみついてる日本人がいたから目立ったんだと思うのですが・・・この時の浅野さんの笑顔はもう完全に【いいひと】オーラ全開でした。世界一の映画祭に単身乗り込んでゆく不安と期待。そんな複雑な感情がごちゃまぜになった、ちょっと照れくさそうな笑顔。「楽しんでくるよ!」と言わんばかりに右手でそっとガッツポーズしたその瞬間、彼のハリウッドでの成功は約束されていたのかもしれません。いやホントに【いいひと】だなあ!!

webtH[